バイナリーオプションの国内業者、海外業者、違いは?

ハイローオーストラリア
オレ
今回は、バイナリーオプションの業者の違いについて、特に、国内業者と海外業者の違いについて解説していくよ。

これからバイナリーオプションを始めようと思っている方の中にはまだ業者選びで迷っている人もいるのではないでしょうか?

業者選びで迷っている大きな理由の一つとして、国内の業者と海外の業者どちらを使ったほうがいいのかという点があると思います。

今回はそんな方達のために、バイナリーオプションの国内業者と海外業者の違いについて解説していきます。

“今回の記事内容”
  • バイナリーオプション国内業者の特徴
  • バイナリーオプション海外業者の特徴
  • どちらがオススメか

バイナリーオプション国内業者の特徴

バイナリーオプション国内業者の特徴

オレ
まずは何を選ぶにしてもメイドインジャパンでしょ?という考えの方のために国内業者の特徴を解説するよ。

まずはバイナリーオプション国内業者の特徴から解説していきます。

国内業者は国からの規制によって、海外のものとはルールが異なっているので、チェックしていきましょう。

バイナリー国内業者の取引時間・通過

バイナリーオプション国内業者の取引時間は規制により、最低2時間間隔の判定となっており、海外業者のような短時間での取引はできません

取引可能な通貨ペアは基本的に日本が絡んでいるものとアメリカが絡んでいる通貨からメジャーな通化が取引可能となっています。

また、複数通過に渡って取引は行うことができますが、1度に取引ができる限界の量は決まっていますので、注意してください。

バイナリーオプション国内業者の取引ルール

バイナリーオプション国内業者の取引ルールは海外業者に比べると少し複雑になっていますので簡単にですが紹介して行こうと思います。

  • ペイアウト金額が固定
  • 購入金額が変動する。(ペイアウト率が変動する)
  • ラダーオプション・ワンタッチオプション・レンジオプションの3つのルールがある。

ペイアウト金額が固定でペイアウト率が変動と言われると投資初心者の方だと「???」となるかもしれません。

要するにチケットの値段が変わり続けるので好きなタイミングで好きなだけチケットを購入して、予想が的中した場合購入した枚数分ペイアウト金額がもらえるという事です。

ラダーオプション・ワンタッチオプション・レンジオプションの3つのルール

バイナリーオプション国内業者の3つの取引ルール(オプション)についても簡単にですが解説します。

ラダーオプションは定められたいくつかのレートの中から好きなものを選択し、判定時間にそのレートより上がっているか下がっているかを予想するものです。

ワンタッチオプションは定められたいくつかのレートの中から好きなものを選択し、判定時間までに1回でもそのレートに触れるか触れないかを予想するものです。

レンジオプションは定められたいくつかのレートの幅の中から好きなものを選び、判定時間にその中にレートが収まって入れば勝ちになるものです。

それぞれ選んだレートによって購入金額が変わるような仕組みになって
います。

国内業者はルールが複雑な上短期間で稼げないが安全性は高い

バイナリーオプション国内業者は上で説明した通り短期取引も行えずルールも少し複雑です。

しかし国内業者ということもあり詐欺業者は少なく安心して取引を行うことができるでしょう。

バイナリーオプション海外業者の特徴

バイナリーオプション海外業者の特徴

オレ
次は自分はグローバルな人間だ、と思っている人向けに海外業者の特徴を解説していくよ。

次は海外業者の特徴から紹介していきます。

海外業者のルールは国内業者の、規制前のルールと似ています。

それでは、確認していきましょう。

バイナリーオプション海外業者の取引時間・通貨

海外業者の取引時間は最短30秒からと、国内業者と比べるとかなり短くなっています。

時間の設定は、30秒、1分、3分、5分、15分、1時間、1日など、多くの時間から設定から選ぶことができます。

また取引に使える通貨も幅広く使えます。

バイナリーオプション海外業者の取引ルール

バイナリーオプション海外業者の取引ルールは国内業者よりも簡単で、わかりやすいです。

  • ペイアウト倍率は基本的に固定
  • 購入金額はこちらで設定できる
  • 短期、中長期、スプレッドなどで多少の差はあるがルールはだいたい同じ。

バイナリーオプション海外業者の取引ルールは現在のレートから判定時間に上がっているか下がっているかを予想するので固定です。

国内業者のようにレートの選択を行う必要がないので初心者でもやりやすくなっています。

海外バイナリーオプションのルール

だいたいルールが同じとは言いましたが多少の違いはあるので、例としてハイローオーストラリアの場合で解説していきます。

ハイローは現在のレートから取引時間後にレートが上がっているか下がっているかを予想するものです。

スプレッドは前二つのルールに組み合わせて不利な条件で、取引を行う代わりに、ペイアウトの倍率が高くなるものです。

海外業者は初心者でもわかりやすいが、安全性は国内の方が高い

バイナリーオプション海外業者は初心者でも簡単に取引が行え、短期で多くの利益を得ることもできますが、安全性では国内業者の方が安全です。

過去、実際にバイナリーオプション業者から詐欺にあったという事例もあったようです。
最近はバイナリーオプションも知名度が上がり、そのような業者は見かけなくなっています。

もしも海外業者の利用を考えているのであれば、当サイトオススメの、ハイローオーストラリアの利用をオススメします。

結局どっちがオススメ?

結局どっちがオススメ?

オレ
結局どっちがオススメかは人それぞれ

結局どちらがオススメかと言われると、それぞれ長所短所があるので、100%こっちがいいとは言い切れませんが、当サイトでは、海外業者にハイローオーストラリアをオススメしています。

海外業者であることによる短期取引、高いペイアウト率、出金までの速さ、高い安全性と、初心者の方にもオススメとなっています。